為末大

モチベーション

限界を超えるためのアスリートからのアドバイス ー 為末大「心のブレーキをはずす」

自分の夢や希望をかなえようと頑張った経験のない人はいないと思うのだが、夢を追いかけていると、立ちはだかってくるのが、「自分の限界」というやつで、これのせいで夢をあきらめてしまった人は多いはず。 そんな「自分の限界」に対して 「限界とは、人...
ビジネス

何が「負け」なのかは世間が決めるものじゃない ー 為末大「負けを活かす技術 」

人間誰しも負けたくはないのだが、「負ける」機会は、「勝つ機会」に比べて圧倒的に多いのが世の中の常というもの。そんな時に、「負け」から何を学んで、何を次につなげていけるかが、未来に向けて大事なことだ、とはよく言われるのだが、なかなか、「負け...
ワークスタイル

職業人生のターニングポイントの設定方法をアスリートに学ぶ ー 為末大・中原淳「仕事人生のリセットボタン ー 転機のレッスン」(ちくま新書)

人生100年時代といわれながら、労働環境、働き方については、「霧の中」の度合いを増しているのが現状であろう。そして、「転職」ということが変わったことではなくなった若い世代よりも、「就社」意識がほとんどであった時代にビジネスマンとなった中高...
モチベーション

「諦める」に続く「逃げる」の為末流解釈 ー 「為末大「逃げる自由 」(プレジデント社)

「物の見方を変える」ことによって勝負のやり方も様々に変化する
モチベーション

「諦めること」に積極的な意味を見出す”生き方”もある ー 為末大「諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない」

先日は、同じ為末さんの「限界の正体」で、限界をどうしたら突破できるか、限界を感じるのは全力を尽くしてから、といった書評を書いたのだが、同じ筆者のものながら、今回は「諦める」ということについてである。 先に取り上げたものとちょっと背反するんじ...
モチベーション

「もう限界だ」の先に踏み込み「未来」を開くためのノウハウ ー 為末大「限界の正体  自分の見えない檻から抜け出す法」

仕事にしろ勉強にしろ、なにかを活動していてぶち当たってしまうのが、「限界」というやつで、それを感じてしまうといままでの努力がなにか価値のないものに思えたり、これから努力をしようといく気力を削いでしまう、もっとも厄介な代物である。 そんな「限...
タイトルとURLをコピーしました