為末大」タグアーカイブ

限界を超えるためのアスリートからのアドバイス ー 為末大「心のブレーキをはずす」

自分の夢や希望をかなえようと頑張った経験のない人はいないと思うのだが、夢を追いかけていると、立ちはだかってくるのが、「自分の限界」というやつで、これのせいで夢をあきらめてしまった人は多いはず。

そんな「自分の限界」に対して

「限界とは、人間のつくり出した思い込みである」
「人は、自分でつくり出した思い込みの橘に、自ら入ってしまっている」

として、その「限界」の超え方をアドバイスしてくれるのが本書『為末大「心のブレーキをはずす」 (朝日文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 うまくいかないのは、能力のせいじゃない
第1章 考え方を変えるふだけで結果は変わる
第2章 「自分にはできる」と信じていないのは自分だけ
第3章 自分の見えない檻から脱出する
第4章 「限界の正体」を知り、自分の可能性を拓く

となっているのだが、思うに、「限界の超え方」のアドバイスを受けるのに最適なのは、自らその限界に突き当たって、苦しみつつ限界を乗り超えてきた人からのもので、その意味で、アスリート、それも百メートルからハードルに転向し、さらには陸上選手のすべての最終目標のオリンピックでの金メダルを目指しつつも「銅メダル」に終わりつつも、今なお他分野ながら元気に活躍している筆者のアドバイスは最適なもの、といっていいだろう。

続きを読む

何が「負け」なのかは世間が決めるものじゃない ー 為末大「負けを活かす技術 」

人間誰しも負けたくはないのだが、「負ける」機会は、「勝つ機会」に比べて圧倒的に多いのが世の中の常というもの。
そんな時に、「負け」から何を学んで、何を次につなげていけるかが、未来に向けて大事なことだ、とはよく言われるのだが、なかなか、「負け」を活かすことは言うほど簡単なものではない。

そんな時に、参考となりそうなのが、「負ける」ということに一番よく接している「アスリート」のアドバイス。そんなアスリートの中でも、オリンピックのハードルの「銅」メダリストでありながら、100メートル選手からの転身の経験をもっている「勝ち」も「負け」双方の大きな経験を持つ筆者が、アドバイスしてくれるのが本書『為末大「負けを活かす技術」(朝日文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 自分を「見つめる」
第2章 「負け」を恐れるな
第3章 「勝利条件」を設定せよ
第4章 「強い自分」を作る
第5章 「勝つヒント」を知る
第6章 自分を活かす「選択」
第7章 「日常」を整える
第8章 「お金」に人生を賭けるな
第9章 小さな「幸せ」をこそ求めよ

となっていて、まず

続きを読む

職業人生のターニングポイントの設定方法をアスリートに学ぶ ー 為末大・中原淳「仕事人生のリセットボタン ー 転機のレッスン」(ちくま新書)

人生100年時代といわれながら、労働環境、働き方については、「霧の中」の度合いを増しているのが現状であろう。そして、「転職」ということが変わったことではなくなった若い世代よりも、「就社」意識がほとんどであった時代にビジネスマンとなった中高年世代が「霧が深い」というのが実感であろう。

そして、副業解禁、転職解禁とはいいながら、中高年世代が自分のライフサイクルの中で、どこでターニングポイントを迎えたらいいのか、どう気持ちの持ち方を変えたらいいのかについては、個々人が探っていかなければならない課題として残されているのが現状で、どこを見ながら動いたらいいのか、と悩んでいる人も多いと思う。

そんな時、ビジネスマンの先達の発言よりも、人生のかなり若いところで引退や転身を迫られる「アスリート」の発言が「道標」となることが多いのだが、オリンピック・メダリストとなった後、スポーツとは違う分野に転身した「為末大」氏の発言の数々は参考となることが多いのではなかろうか。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 右肩上がりの単線エスカレーター人生はもう終わり
第二章 勝てる傍流か、負ける主流か?
第三章 新たなスタートを切るために
第四章 自分の経験をリフレッシュする

となっていて、基本は、為末大氏と中原淳氏との、人生百年時代の「働き方」「職業スタイル」についての対談集である。

続きを読む

「諦める」に続く「逃げる」の為末流解釈 ー 「為末大「逃げる自由 」(プレジデント社)

世界選手権で銅メダルも取り、オリンピックにも三度出場している、400メートルハードルの伝説的アスリートである「為末大」氏の、「限界の正体」や「諦める力」に続く人生指南書で、読者からの「悩み相談」への回答をまとめつくりになっているのが本書。

100メートルからハードルに転向したり、メダルが期待されながらオリンピックではそれに届かなかったりという経歴があるせいか、氏のアドバイスはアスリートにありがちの居丈高なところがなく、本書の「はじめに」のところで書かれているのだが、自分の役割は

「世の中を変える」ことではなくて、「物の見方を変える」ということではないか

とされているせいか、そのアドバイスの数々も、相談者を導いたり、啓蒙するといったスタンスではなく、共に考える、少し前方から教えてくれるという立ち位置で、心にすっと入ってくるところが筆者の人柄というものであろう。

続きを読む

「諦めること」に積極的な意味を見出す”生き方”もある ー 為末大「諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない」

先日は、同じ為末さんの「限界の正体」で、限界をどうしたら突破できるか、限界を感じるのは全力を尽くしてから、といった書評を書いたのだが、同じ筆者のものながら、今回は「諦める」ということについてである。

先に取り上げたものとちょっと背反するんじゃないの、という声も聞こえてきそうなのだが、筆者は「限界の正体」でも「努力してもどうにもならないことがある」ことは認めていて、全力で壁を超えようとチャレンジした後に「諦めてしまうこと」は善くないことなのか?、もうお終いということなのか?、について言及し、「諦めること」の肯定的な意味を教えてくれるのが本書『為末大「諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない」(プレジデント社)』である。

 

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 諦めたくないから諦めた
第2章 やめることについて考えてみよう
第3章 現役を引退した僕が見たオリンピック
第4章 他人が決めたランキングに惑わされない
第5章 人は万能ではなく、世の中は平等ではない
第6章 自分にとっての幸福とは何か

となっていて、最初にいうと、筆者自体が100メートルからハードルに転向し、オリンピックの銅メダルの獲得後ほどなく競技生活から引退し、という「諦めた」人である。

通常、何かを諦めた人は、他の分野に移ってもわだかまりをかかえていることが多いのだが、筆者の場合、「諦めた」後が輝いていて、それは

続きを読む

「もう限界だ」の先に踏み込み「未来」を開くためのノウハウ ー 為末大「限界の正体  自分の見えない檻から抜け出す法」

仕事にしろ勉強にしろ、なにかを活動していてぶち当たってしまうのが、「限界」というやつで、それを感じてしまうといままでの努力がなにか価値のないものに思えたり、これから努力をしようといく気力を削いでしまう、もっとも厄介な代物である。

そんな「限界」というものについて、陸上のハードル競技のオリンピックの元メダリストで、引退後も幅広い分野で現役時代に劣らず活動している筆者が、自らの経験から「限界」というものを正面から見すえ、

もしかすると、限界とは、超えるものでも、挑むものでもないのではないか。
自分の思い込みや、社会の常識が心のブレーキになっているのであれば、それを外しさえすれば、今この瞬間にも、自己ベストを更新できると思うのです。

として、「限界というもの」が持っていいる「人を萎えさせる力」が脱却する方法を説いたのが本書『為末大「限界の正体  自分の見えない檻から抜け出す法」(SBクリエイティブ)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 誰かができれば自分にもできるという心理
第1章 限界とは可能性を閉じ込める檻である
第2章 なぜ人は自ら限界の檻に入るのか
第3章 自分の見えない檻から脱出する
第4章 無意識をつかって、自分の可能性を拓く

となっていて、まずなにより

「多くの人は、自分の限界の『もっと手前』を、限界だと思いこんでいる」

といったフレーズには最初「えっ」と思ってしまうのだが、それに続いて筆者が「矛盾するとように、思うかもしれませんが、僕が限界はあると思っています。しかし、その限界は、力を出し切った人の前にしか、あらわれないものです。人間は本気で挑んだときにしか、自分のハ範囲を知ることができません」というところとセットで考えると、100メートルで挫折してハードルに転じて実績をあげたオリンピアンの言葉だけに重みが違う感がある。

続きを読む