作成者別アーカイブ: takafam

下町の町工場は、新天地「人工心臓」市場をめざす ー 池井戸 潤「下町ロケット ガウディ計画」(小学館文庫)

前作「下町ロケット」で自社の技術力を活かして、帝国重工のロケット事業に食い込んだ、研究者あがりの下町工場の社長・佃航平の率いる「佃工業」。
内製化が至上命令で、外注をしないのが基本の「帝国重工」にバルブのような小さなものとはいえ、自社製品を納入している実績を活かして、業績拡大を目指す「佃工業」の前に、今巻では、NASA出身の技術者社長・椎名直之が率いる「サヤマ工業」という会社が立ちはだかる。
佃航平は、帝国重工に振り回される状況をよしとせず、新たな分野、人工心臓の分野に進出しようとするが、そこにもサヤマ工業が対抗馬として現れてきて・・・、といった展開である。

【構成は】

第一章 ナゾの依頼
第二章 ガウディ計画
第三章 ライバルの流儀
第四章 権力の構造
第五章 錯綜
第六章 事故か事件か
第七章 誰のために
第八章 臨戦態勢
第九章 完璧なデータ
第十章 スキャンダル
第十一章 夢と挫折
最終章 挑戦の終わり 夢の始まり

となっていて、発端は「日本クライン」という医療メーカーから、何に使うのかわからない「試作品」のバルブの注文が入るところから始まる。

これが遠因で、佃工業が、「人口心臓」のバルブ供給に新天地を開くきっかけになるのだが、道のりは当然平坦ではない。
前述のように、強敵のライバル企業の出現と、佃工業が部品を納めるのが面白くない、前作で苦渋を飲まされた帝国重工の調達グループと宇宙開発グループの評価担当があれこれ邪魔を仕掛けてくるし、「人口心臓」のほうは学会の大御所とそれとつるむ医療品メーカーが開発と製品認可を陰に陽に妨害してくる。
さて、この数々のハードルをクリアして、帝国重工のロケット・バルブの注文を継続し、さらには、人工心臓のバルブという新天地を開くために、佃航平と佃工業のメンバーはどうするのか・・といった展開である。

 

続きを読む

鳥取県米子市「昌庵」で “三色割子そば” を食す

本日は鳥取県の大山のほうで、「バーガーフェスタ」という日本の有名ハンバーガーが集まって雌雄を決するイベントがあったのだが、あいにくの雨。屋外イベントというのは、こういう天候に左右される、ちょっとギャンブルっぽいところがあるのが難ではある。

なので、昼食はその会場でハンバーガーを食しても良かったのだが、雨で体が冷えたこともあって、米子市内で「蕎麦」を食することにした。

向かった先は「昌庵」という蕎麦屋。田園風景のど真ん中に店がある。
風情を感じたい向きは、この正面の門から入ってもよいのだが、実は隣の駐車場の方からは横っちょのほうから入ったほうが近い。

休日のお昼前ではあったが、雨模様のせいか、待つことなくカウンター席に座ることができた。さて、注文なのだが、体が冷えたので熱い蕎麦でも、と思ってきたのだが、周りの様子に押されて、「三色割子」を注文。

続きを読む

あなたは東京オリンピック以後の激変に備えているか? ー 岸 博幸「オリンピック恐慌」(幻冬舎新書)

経済産業省出身で、小泉内閣当時、竹中大臣の側近の秘書官として、構造改革の立案に携わり、今は、国や地方の政策立案のアドバイスやTVのコメンテーターなどで活躍している筆者による本なのだが、表題から連想されるような「経済動向の予測本」ではないので要注意。
そうした経済予測も示しながら、景気動向に左右されないキャリア形成の方法論とか。資産運用方法などについてまとめられている。

【構成は】

第1章 日本経済の再生に残された時間はあと2年
 第1節 経済成長率を高めなくては生活は楽にならない
 第2節 あと2年が潜在成長率を高める最後のチャンス
 第3節 日本はなかなか改革が進まない国
 第4節 幾つかの補足説明
第2章 日本経済の低迷の原因は政策だけではない
 第1節 民間と地方の側の責任
 第2節 イノベーションの重要性
 第3節 日本の強みと弱み
第3章 年金はもらえるもか、社会保障は大丈夫なのか
 第1節 持続性に疑問符がつく今の社会保障制度
 第2節 財政再建の厳しい現実
 第3節 社会保障制度のばっっpん改革が進みにくい日本の現実
第4章 稼ぐ力を身につけよう
 第1節 収入を増やすにはスキルアップが不可欠
 第2節 日本は欧米と競べて好きリアップしにくい国
 第3節 終身雇用は崩壊するし、正社員は安心という時代は終わった
 第4節 人生90年時代になったからこそ考えるべきこと
 第5節 自分の生涯のキャリアプランは自分で作る
 第6節 第4次産業革命の時代に必要なスキルは何か
第5章 資産運用の力を身につけよう
 第1節 資産運用なくして将来の安心なし
 第2節 資産運用で初心者が意識すべき三つのポイント
第6章 スマホの使い過ぎは人間の能力を低下させる
 第1節 集中力の低下
 第2節 深く考える力の低下
 第3節 どうやって集中力の低下、深く考える力の低下を防ぐか
 第4節 スマホのネットの使い過ぎが惹起する三つの問題点
 第5節 子どもの教育でも要注意

となっていて、第1章から第3章までは、東京オリンピックの開催される
2020年前後をターゲットとした経済予測。そして第4章・第5章が、経済の大変化に負けない人生の防衛策、といった構成となっている。
第6章は、当方的には、オマケ的な位置づけかな。

 

続きを読む

猫ハンドのお涼さまはいかが ー 田中芳樹・垣野内成美「女王陛下の招き猫ー薬師寺涼子の怪奇事件簿」(アフタヌーン・コミックス)

本巻は「魔境の女王陛下」の前の作品であるらしく、海外が舞台となることが多いこのシリーズには、珍しく「国内」しかも東京都が舞台である(もっとも東京都下の「島」なのだが)。ただ、この島は「猫だらけ」の島という設定で、女王陛下版「化け猫」の物語といったところであろうか。

【収録は】

第1話 波の果は猫の島
第2話 鈴々・猫々・オッドアイ
第3話 一難去ってまた一猫
最終話 夜の夢に鈴は鳴る
番外編 休日も!おまわりさん

となっていて、第1話から最終話までは、東京都の寝掛島の「ネコロジー祭」というイベントで起きた殺人事件に、我らが「お涼さま」が捜査に乗り出す話。

番外編は、「女王陛下の招き猫」とは関係なくて、日頃、お涼さまの下僕として日夜働いている泉田警部補の、ゆるい休日の一コマが描かれている。

【あらすじと注目ポイント】

本編の「女王陛下の招き猫」での事件の解決のキーは、この島に残る「唐羽長者の伝説」の長者の家とされている廃墟。島中が猫な中で、このハイ廃屋も猫の住処となっているのだが、ここに、猫を愛していると主張するクローリー・ロワイヤルという外人や片目を隠した少年やらが現れて、怪奇仕立てを整えている。

物語の展開は、殺人事件の犯人を、いつものメイド二人組が片付けるあたりで終わりかな、と思わせておいて、実は本題である、「唐羽長者」が隠したといわれる財宝探しへと誘導する筋立てである。

注目すべきは、物語の初めの方で、お涼さまが島に上陸してすぐの時。

猫ハンドの屋台の店員の代理として、お涼さまが、猫ハンドで、あれこれお戯れのところは、なんとも魅力的でありますよ。室町警視ファンは、彼女が猫アレルギーで、くしゅんくしゅんするところに、ニンマリするかもしれんですね。

番外編の方は、泉田警部補と室町警視の清く正しい図書館での休日に、お涼さまが乱入して邪魔立てをする話。当方はお涼さま派なのだが、この話では室町警視を応援したいですな。

【レビュアーから一言】

今回は、「猫の呪術」とか、「オッドアイ」の猫とか、怪奇ものの道具立ては揃えてあるのだが、軽いタッチで仕上げてあって、ホラー色は薄い方である。
ただ、このシリーズの、特にコミック版の楽しみは、ストーリーと同列で、お涼さまの姿を愛でるところにあって、そのあたりはきちんとおさえてあるので、安心してお読みください。

”宮前久美”、イノベーションを学んでグレードアップする ー 永井孝尚「100円のコーラを1000円で売る方法 3」(中経出版)

宮前久美という、美人なのだが、とても気が強くて負けるのが大嫌いな女性を主人公に、第一巻は「マーケティング全般」、第二巻は「競争戦略」をテーマにしていた「100円のコーラ」シリーズも最終巻である。
今巻は、第二巻の最終章で、「ガンジーネット」という会計ソフトのグローバル企業の日本法人社長となった、駒沢商会の上司で、マーケティングの指導者でもあった「与田」を相手のバトルを通じて「イノベーション」について物語仕立てでレクチャーしてくれる。

【構成は】

Prologue ガンジーネット・ジャパン社長・与田譲
Target1 破壊的なライバルは外からやってくる
 ーグローバル市場の怖さ
Target2 iPhoneやKindleはなぜ世界中で使えるのか?
 ー個別カスタマイズから標準品へ
Target3 企業メッセージの99.996%はスルーされる
 ー共感の時代のマーケテイング戦略
Target4 無料でも儲かる仕組みとは
 ーフリーミアムのビジネスモデル
Target5 トランジスタラジオが真空管ラジオを駆逐した理由
 ーイノベーションのジレンマ
Target6 買収するほうは立場が強いとはかぎらない?
 ー交渉の成否を握るBATNA
Target7 なぜグーグルはYouTubeを買収したのか?
 ーM&Aを成功させる方法
Target8 アップルがiPadでパソコンを否定した理由
 ーイノベーションの作法
Target9 有料で1万人に売るか、無料で100万人に使ってもらうか?
 ー数が生み出す新たな価値
Target10 動きながら考える
 ーイノベーターの素養
Epilogue それぞれの新天地へ
あとがき 現状維持は破滅

となっていて、大筋的には、グロバール企業のガンジーネットが、そのフリーミアム戦略で、「駒沢商会」はおろか、市場大手で大企業のシェアのほとんどを持っている「バリューマックス社」の経営を脅かすようになっっている状況下で、両社が共同して、自社製品の、画期的なイノベーションを行って、商品ラインナップから業態まで、がらっと変えてしまう、というもの。
あいかわらずの「宮前久美」流の大騒ぎは健在で、まるで、ジェットコースターに乗ってアップダウンしているようなストーリー展開なのだが、爽快感のある展開で、「久美」の乱暴な活躍を楽しみながら、経営理論の知識が手に入るのは、儲けものには間違いない。

続きを読む

300歳の独身魔女の「こじらせ」ストーリー ー 「魔女は三百路から」(白泉社)

地味で年齢を重ねた、職場のお局様という存在は、漫画の主人公としてはあまり向いている方とは思えないのだが、三百路(みおじ)となった独身魔女となると、年季が入って熟した魅力が出てくるものらしい。
まあ、こんな感じの女性であるので、300歳とは思えないほど若々しい感じでありますね。

Majyo 300sai 01

【収録は】

第1夜 300年の孤独
第2夜 冒涜的夜会
第3夜 憤怒の満ち
第4夜 生涯魔女宣言
第5夜 魔女の血
第6夜 逢魔が時
第7夜 運命の悪戯

の7編なのであるが、魔女が主人公とはいっても、おどろおどろしい怪奇ものっぽいストーリーや、魔女がその魔術を使って男性を・・、といった展開を期待してはいけない。実のところ、300歳を重ねた独身(魔女)女性の「こじらせ」ストーリーである。

 

【注目ポイント】

主人公の黒川御影は、江戸時代には「月影の魔女」として恐れられた(なんで恐れられたのかは定かではないが)経歴のせいか、悲しい男性経験は積み重ねるほどたくさんあるようで、梅毒で死んだ男や、男に借金を踏み倒された話などなど、普通なら複数の女性のダメンズとの経験を、一人で経験しているのだから、その鬱積も数人分というわけである。

とはいうものの、おひとりさま結婚式を挙行したり、過去の片思いの相手・高杉晋作の生まれ変わりらしい同僚のに鰹節まみれの姿を見せて自己嫌悪に陥ったり、とか、かなり痛々しい行動がつづくわけで、
第一巻の結末は

Majyo 300sai 02

ということなんである。

【まとめ】

今後の展開はどうなることやら霧の中なんであるが、まあひとまずは、300歳魔女の「おひとり様」継続中のあれやこれやと気楽に読んでおきましょう。

宮前久美と一緒に「競争戦略」を学んでみよう ー 永井孝尚「100円のコーラを1000円で売る方法 2」(中経出版)

会計ソフトを扱う「駒井商会」を舞台に、美人だが鼻っ柱の強い「宮前久美」を主人公にして、マーケティング理論などを、ストーリー仕立てで描く「100円のコーラ)シリーズの第2弾。本書のテーマは「競争戦略」である。 2012年の刊行なので、今までのビジネス界につきものの栄枯盛衰はあるので、例示されている「企業名」の違和感を感じる向きもあるかも知れないが、その当時の、その企業の戦略の評価と考えて読み進めよう。

【構成は】

Prologue 宮前久美再び 1st Match 業績悪化の真犯人は誰だ? ー日本型コンセンサスの落とし穴 2st Match なぜマクドナルドはリーダーであり続けるのか? ー弱者の差別化戦略と強者の同質化戦略 3st Match 実験は「結論」から始めろ ーPDCAの本質とストーリー戦略 4st Match ”あらゆる事態”に備えるな ー網羅思考のワナ 5st Match 「平等から公平へ」シフトしたパナソニック ー仮設思考と論点思考 6st Match マツダがガソリン車でハイブリッド車に対抗できた理由 ー弱者に不可欠な「選択と集中」 7st Match ローコストキャリアが大手航空会社に勝つ方法 ー「やらないこと」を決める差別化戦略 8st Match 「1+1+1=3」を超えるチームづくり ーミンツバーグの創発戦略 9st Match 撤退する勇気 ートレードオフの見きわめ方 10st Match 社員14人で業界シェア80%を握るコミーの戦略 ー参入障壁の築き方 Epilogue 与田誠の転身 あとがき 成功体験からの脱却

となっていて、あらすじは、「社長の会計」というクラウド型の会計ソフトを売り出して順風満帆に見えた「駒井商会」なのだが、ライバルの大手企業・バリューマックス社が類似のソフトを売り出し、業績に暗雲が漂い始める。 この事態を重くみた新社長から、久美は「社内タスク・フォースチーム」の責任者に任じられ、張り切るのだが、彼女の性格もあってか、社内の古手の営業担当専務と対立する事態に。これに乗じてライバル企業は、さらに攻勢をかけてくるのだが、果たして宮前久美はどう挽回するのか・・?、といった展開である。

100円のコーラを1000円で売る方法2

続きを読む

中小企業の「心意気」と「技術力」を見せつけろ ー 池井戸潤「下町ロケット」(小学館文庫)

阿部寛さん主演でテレビドラマ化されたので、ご存知の方も多数とは思いながらも、半沢直樹シリーズに続いての池井戸氏の人気シリーズで、下町の工場が脚光を浴びた一因でもあるかな、と当方では思っている。

【構成は】

プロローグ
第1章 カウントダウン
第2章 迷走スターダスト計画
第3章 下町ドリーム
第4章 揺れる心
第5章 佃プライド
第6章 品質の砦
第7章 リフト・オフ
エピローグ

となっていて、下町のバルブなどの製造をやっている中小メーカーの佃製作所が舞台の、血湧き肉躍る、中小企業の経営者始め従業員の、大企業と宇宙開発の大規模プロジェクトを相手にした、サクセスストーリーである。

続きを読む

成功の確率を増やすコツである「けして諦めないメンタル」を持ち続ける3つのポイント

先だってレビューした菅原裕子さんの著書「コーチングの技術」(講談社現代新書)で

よく売れるセールスマンと、そうでないセールスマンの違いについてある話を聞いたことがあります。よく売れるセールスマンは、「売れるのはこの次かな」と、売れるまでお客様のドアを叩きつづける。ところが、売れないセールスマンは「ここまでやったのに売れないのは結局ダメなんだ」とあきらめる。

この違いは、売れるセールスマンは「売れる」という結果が見えているため、単純にそれがいつかを待つだけ、売れないセールスマンは売れている結果が見えないために、あきらめてしまうということです。

という記述があった。

確かに、突然、契約が取れだしたり、商品が突然売れたりといった現象は、成功者の話にはよく出てくるもので、偶然とかめぐり合わせだけとは思えないもの。
さらに当然のことながら、諦めてしまった時点で物事は終わりなのだから、「諦めない」ということは何かを成就するための必須条件ともいえる。

ただこの「諦めない」ということ、しごくもっともなんであるが、この「けして諦めない」というモチベーションをつくっていくのが実は結構難しいことであったりする。

なので、当方的に、「諦めない」モチベーションをつくっていくための3つのポイントを抽出してみた。

①楽観的に考える

何事も悲観的に考えていると、どんどん滅入ってきて、やる気が失せるだけ。まったくのノー根拠であっても、とにかく、なんとかなる、うまくいくと思い込もう。そのうちに妙な拡張感が生まれてきて、なんとかなりそう気がしてきます。

②常にコミットして改善方法を考える

「なんとかうまくいかないか」と常に考えて、つねに思考やプランをこねくり回していることが大事。人の考えることなんて、所詮、そんなに違いはない。であるなら、うまくいっているヤツのプランも、自分のプランがちょっと変化して化学反応すればそうなるんだと思って、あれこれひねりまくることが大事。とにかく、コミットする回数を増やすことですね。

③改善したことをとにかく試して行動する

考え込んで、本当にうまくいくのか、とくよくよ考えて行動しないことが一番、成功から遠ざかる原因。自分なりの方向性を考えながら動いていれば、「やっぱりダメかも」といった敗北感は感じないですむし、なによりいろんな手数が試せて、その分成功に至るチャレンジの回数も増えるというもの。手数は多く出すほど、成功に近づくもの。

【まとめ】

「宝くじは買わないと当たらない」という言葉もある。悲観せず、「成功の扉」は必ず開くと信じて、「ドア」を叩き続けていきましょう。

【関連記事】

「教える」より「コーチング」が部下育成のトレンド ー 菅原裕子「コーチングの技術」

鳥取県南部町「花回廊」の「フラワー・イルミネーション」に行ってきた

お誘いがあって、鳥取県が誇る府上アワーパーク「花回廊」の「フラワー・イルミネーション」のオープニングに行ってきた。今年のイルミネーションのオープンは11月9日で、例年であればもっと寒いのかもしれないが、最近の気候不順で結構、暖かいオープニング。

昨年は150万球だったのだが、今年は140万球にシェイプアップし、委託業者の人に任せきりにせず、職員が設置したり、きめ細かに準備をしたとのこと。ともすれば、物量の多寡のみが評価されたりするきらいがあるのだが、実はこうした細やかさが、施設の人気を左右することが多いので、こうした取り組みは評価すべきですね。

まずはエントランス。宇宙人とかもいて、かなり欲張ったつくりである。

続きを読む