猫ハンドのお涼さまはいかが ー 田中芳樹・垣野内成美「女王陛下の招き猫ー薬師寺涼子の怪奇事件簿」(アフタヌーン・コミックス)

本巻は「魔境の女王陛下」の前の作品であるらしく、海外が舞台となることが多いこのシリーズには、珍しく「国内」しかも東京都が舞台である(もっとも東京都下の「島」なのだが)。ただ、この島は「猫だらけ」の島という設定で、女王陛下版「化け猫」の物語といったところであろうか。

【収録は】

第1話 波の果は猫の島
第2話 鈴々・猫々・オッドアイ
第3話 一難去ってまた一猫
最終話 夜の夢に鈴は鳴る
番外編 休日も!おまわりさん

となっていて、第1話から最終話までは、東京都の寝掛島の「ネコロジー祭」というイベントで起きた殺人事件に、我らが「お涼さま」が捜査に乗り出す話。

番外編は、「女王陛下の招き猫」とは関係なくて、日頃、お涼さまの下僕として日夜働いている泉田警部補の、ゆるい休日の一コマが描かれている。

【あらすじと注目ポイント】

本編の「女王陛下の招き猫」での事件の解決のキーは、この島に残る「唐羽長者の伝説」の長者の家とされている廃墟。島中が猫な中で、このハイ廃屋も猫の住処となっているのだが、ここに、猫を愛していると主張するクローリー・ロワイヤルという外人や片目を隠した少年やらが現れて、怪奇仕立てを整えている。

物語の展開は、殺人事件の犯人を、いつものメイド二人組が片付けるあたりで終わりかな、と思わせておいて、実は本題である、「唐羽長者」が隠したといわれる財宝探しへと誘導する筋立てである。

注目すべきは、物語の初めの方で、お涼さまが島に上陸してすぐの時。

猫ハンドの屋台の店員の代理として、お涼さまが、猫ハンドで、あれこれお戯れのところは、なんとも魅力的でありますよ。室町警視ファンは、彼女が猫アレルギーで、くしゅんくしゅんするところに、ニンマリするかもしれんですね。

番外編の方は、泉田警部補と室町警視の清く正しい図書館での休日に、お涼さまが乱入して邪魔立てをする話。当方はお涼さま派なのだが、この話では室町警視を応援したいですな。

【レビュアーから一言】

今回は、「猫の呪術」とか、「オッドアイ」の猫とか、怪奇ものの道具立ては揃えてあるのだが、軽いタッチで仕上げてあって、ホラー色は薄い方である。
ただ、このシリーズの、特にコミック版の楽しみは、ストーリーと同列で、お涼さまの姿を愛でるところにあって、そのあたりはきちんとおさえてあるので、安心してお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です