【総解説】キングダム46〜48「趙「鄴」攻略戦」その1=王翦将軍は「鄴」攻めで奇策を炸裂

中国の春秋戦国時代の末期、戦国七雄と呼ばれる七カ国同士の攻防が続く中、中華統一を目指す秦王「嬴政」と、戦争孤児の下僕から、天下一の大将軍を目指す「信」が、ともにその夢の実現を目指していく歴史大スペクタクル「キングダム」シリーズ第46弾~第48弾を総解説します。

前巻までで、趙国の西部地域進出の拠点となる大樹林地帯「黒羊丘」を征服した「秦」に対し、その動きを止めるため、李牧が防衛陣を築いてきます。それに対抗して昌平君が起死回生の戦略として立案した『「鄴」』攻略戦が始まります。

あらすじと注目ポイント>王翦将軍は「鄴」攻めで奇策を炸裂

第46巻 昌平君は中原統一の奇策「鄴」攻略に乗り出す

第46巻の構成は

第493話 再出発
第494話 地下牢の賢人
第495話 相応の覚悟
第496話 激動の起こり
第497話 集結の本意
第498話 大軍勢の緊張
第499話 手にする想い
第500話 進軍路の兵達
第501話 気運の探り合い
第502話 機先を制す者
第503話 火急の鳥

となっていて、斉の建王の前で宣言した中原統一後の「法治国家」を実現するために、政は呂不韋のもとで辣腕をふるっていた李斯を牢獄から出し、法体制の構築を任せます。この後、彼による法治国家の体制で、秦はさらに強国となっていくのですが、始皇帝となって政の没後、秦帝国が亡ぶ原因をつくっていくのですが、これは別の話ですね。

そして物語は「中原統一戦争」にうつります。まず第一番目の目標としていた「趙」侵攻で、桓騎軍+飛信隊の活躍で支配地とした「黒羊丘」地域を足掛かりに趙西部への侵攻を図ろうとするのですが、趙の宰相に返り咲いた李牧によって防衛線づくりが着々と進められ、ここの攻略には十年が必要となる長期戦となることが明らかになります。

仮に十年かかるとすれば、これから十五年内に六カ国を制圧するという「中原統一」は絵に描いた餅となってしまいます。このため、昌平君は、趙西部から着実の侵攻していくという正攻法ではなく、趙都・邯鄲の南、目と鼻の先の距離にある「鄴」を攻略するという奇策を提案します。

「鄴」が攻略できれば趙都・邯鄲への侵攻も容易になるのですが、当然、邯鄲の周辺を守る守備軍の攻撃も強く、攻撃する秦側も相当の被害を覚悟しないといけません。

この秦の命運をかけた「鄴」攻略軍が、総大将「王翦」、副将軍「桓騎」、「楊端和」のもとに編成され、「信」「蒙恬」「王賁」たちはこの攻略軍の「独立遊軍」として参画することとなります。
実は、この出陣式で実は昌平君は王翦将軍に

と言っています。これは、実際の戦場での王翦への全権委任ともとれるもので、後になって、これがこの「鄴」攻略戦の成否の決め手となるとともに、「六将」復活の引き金ともなっているような気がします。

この「鄴」攻略軍攻略軍二十万の出兵の報せは、早速、趙の李牧のもといはいります。李牧は趙王のもとに扈輒将軍や黒羊丘で実績を示した紀彗たちの援軍を要請するとともに、兵糧の流れを調べて、秦軍の作戦を探り出そうとします。

この段階では、趙側は、秦軍はまず黒羊に入り、そこから三派にわかれて攻め入ると予測しているのですが、すでに王翦の偽装戦略は始まっており、李牧たちは彼の戦術に翻弄され始めます。

さらに、趙王の悼襄王は李牧に反感を持っていて、王都守備軍の応援が許されないとうアゲインストの風も吹き始めます。秦の体制と違って、味方の協力が不十分なところが李牧のウィークポイントですね。

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) | 原泰久 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで原泰久のキングダム 46 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

第47巻 山の民の猛攻で「列尾城」陥落

第47巻の構成は

第504話 趙の国門
第505話 熱狂
第506話 山の民の攻城戦
第507話 仁と淡
第508話 山民族の剣
第509話 矛の継承者
第510話 新兵達の夜
第511話 列尾の罠
第512話 鄴の正体
第513話 中華の予測
第514話 愚策の極み

となっていて、「王翦」「楊端和」「桓騎」連合軍は、途中、数度の趙軍の攻撃を受けますが、連合軍の強みをいかして撃退し、趙王都圏に入る関所ともいえる「列尾城」に至ります。

そして、いよいよ”王都の蓋”列尾城攻めの先鋒となったのは、楊端和軍と飛信隊です。城兵の意気の高さに難戦を予測する信たちなのですが、楊端和は「城攻めは単純だ」と言い放ちます。

そして、楊端和は、列尾城の攻めどころを発見。その急所を攻めるため、飛信隊に新たに加わった弓の名手兄弟の仁と淡が駆り出されるのですが、実戦は初めての彼らが、人を射る恐怖を克服したかは、本書のほうで確認してください。

城攻めのほうは、猿角・里魏が城兵に矢を射かけて注意を惹いている間に「バジオウ」たちが城壁を登り、城門を開き、山の民軍と飛信隊が乱入し、なんと半日で列尾城を陥落させてしまいます。

しかし、簡単に陥落してしまった列尾城を巡る戦闘はこれからが正念場らしく、救援に駆け付けた公孫龍将軍はこんなことを嘯いています。

李牧の仕掛けた罠というのは、列尾城がわざと攻めやすく、守りづらくつくられていることで、秦にこの城が奪われてても、奪い返しやすくしておいて、「鄴」を攻めるため、趙領内に深く入った秦軍の退路を塞いで、包囲殲滅する、という作戦です。

そして、その秘密に気付いたのか、総大将の王翦が姿を消します。彼が向かったのは「鄴」城の視察。「鄴」城の完璧な守りを確認した王翦は、列尾を越えて、すべての兵糧を持って「鄴」へ向かって進軍します。

列尾の早期の陥落と王翦の「鄴」の偵察までは李牧も予測していたようですが、この「鄴」進軍は読み切れていなかったようですが、この王翦の行動は、その他の国の武将や軍師たちにも想定外だったようで、皆がここで「秦の敗北」を予想しています。

ここで、「鄴」へ向かっていた王翦軍は予想外の動きを始めます。彼らは「鄴」へは直接向かわず、途中の小城・吾多を攻め落とします。攻め落とした城からは食料を奪うのですが、住民の命は助けて他の城へと脱出させます。慈悲深そうな王翦将軍の行動なのですが、彼の本当の狙いは・・といった展開です。

キングダム 47 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) | 原泰久 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで原泰久のキングダム 47 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

第48巻 王翦の秘策は「鄴」城の兵糧攻め

第48巻の構成は

第515話 小城の流民
第516話 陥落の武器
第517話 削り合い
第518話 戦地・橑陽
第519話 総大将の流儀
第520話 火蓋を切る
第521話 機動の妙
第522話 左翼の絶望
第523話 秦軍右翼の刻
第524話 覚悟の比重
第525話 馬南慈の気概

となっていて、王翦将軍は吾多城を攻め落とし、住民を追い出した後、そこから「鄴」までの間にある城七つを、連合軍でそれぞれ分担して攻め落とすことを命じます。やり方は同じで、食料だけを奪い、住民の命を助けて脱出させるというものです。

趙軍は李牧の作戦どおり、列尾城を奪還し、秦軍の退路を塞ぐのですが、王翦率いる秦軍は構わず、「鄴」の周囲の城9つを陥とし、住民を城から追い出します。難民と化した住民たちが向かったのは「鄴」の町です。「鄴」城が周辺の9つの城の住民を収容したところで、桓騎軍に城を囲ませて籠城させ、秦の食糧が尽きるか、「鄴」の食糧が尽きるか、の兵糧政めを互いに仕掛け合う戦いにしむけたわけですね。

その上で王翦は。「鄴」の包囲を破る可能性のある兵を抱える二つの軍の一つ「閼与」軍へは王翦軍と王賁、蒙恬、信の独立遊軍、もう一つの「橑陽」へは楊端和軍と「壁」の別働隊にあたらせることとします。三派に分かれての「趙」軍との全面対決が開始されたわけですね。

両軍の激突は、まず趙都・邯鄲の東、鄴の北にある「朱海平原」での王翦軍と李牧軍との戦いから始まります。

趙軍の右翼では、紀彗軍三万の先頭に立つ馬呈に蒙恬の楽華隊が攻めかかってきて、蒙恬たちが劣勢になると王翦軍の麻鉱の騎馬隊が突っ込んでき、と乱戦模様になっていきますし、趙軍の左翼では趙三大天の一人・藺相如の側近・趙我龍と李牧の副官・馬南慈が、王翦の第一部将・亜光と王賁の玊鳳隊と正面からぶつかり合うといった迫力ある戦闘シーンが連続していきます。

キングダム 48 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) | 原泰久 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで原泰久のキングダム 48 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

レビュアーの一言>王翦の人事配置が見事

今回の「鄴」攻略で、王翦将軍は連合軍を組んだ将軍の分担を、桓騎は「鄴」城包囲、楊端和は「橑陽」攻め、そして王翦本人は朱海平原での本軍対決としているのですが、これは後になってみると、適材適所というか、それぞれの将軍の「特徴」を十分に踏まえた布陣になっていることがわかります。
「鄴」は周辺の9城の住民を収容した籠城戦、「橑陽」は古王朝の「周」を滅ぼした西戎と李牧の側近とのコラボ軍との戦いとなるのですが、その人材配置の見事さを見つけてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました