辺境駐在員

ビジネス

久遠智彦「ワーカーズ 「労働」をめぐるアジアの旅」(現代書館)

アジアの「労働の現場」を訪ねるルポである。ただ、「労働の現場」といっても、こうした国々でも共通となった「ホワイトカラー」の仕事現場では当然ないし、人々の暮らしにしっかりと根付き、ある意味、普遍の労働現場である「飲食」の仕事現場でもないの...
ビジネス

スコット・バークン「マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた」(新潮社)

マイクロソフトに勤務し、その後コンサルタントの仕事をしていた筆者が、ワードプレス・ドットコムというブログ・サービスを提供するIT会社に、一つのチームのリーダとして雇われ、リモート・オフィス環境で、1年間、仕事をしたあれこれの記録 構成は...
ビジネス

高城剛「人口18万人の街がなぜ美食日本一になれたか」(祥伝社新書)

いろいろと評価はわかれるかもしれないが、日本の外から、日本への期待を込めて、きちんとした評価や意見、エールを送ってくれている方ではないかと思うのが、筆者ではなかろうか。そんな筆者が、地域の活性化について、他国の成功例ではあるが、スペインの...
ビジネス

堀 正岳・中牟田洋子 「モレスキン 「伝説のノート」活用術」(ダイヤモンド社)

文房具や情報処理の方法論は流行りすたりがあるのだが、デジタル系で流行るものが出ると、それに対抗するようにアナログ系のものが台東してくるっていうのが持論であるのだが、2014年・2015年あたりにアナログ系のノート術・情報整理術で気を引く...
ワークスタイル

Seria(最近はダイソー)でロディア風のメモ帳を入手した。

最近は文房具系の元気があまりないせいか、百均などで尖った商品が少なくなっている気がする。 どういう訳か、デジタル系のガジェットの元気の良い時は、アナログ系の文具も元気なのだが、スマホなタブレットブームは落ち着き、スマートウォッチやスマートグ...
etc

NPM(ニュー・パブリック・マネジメント)は夢想であったか

ワタミが介護事業を売却するという話が出ているようだ。ワタミ、介護事業を売却へ 損保ジャパン日本興亜が買収検討 外食チェーン大手のワタミが、子会社の「ワタミの介護」で手がけている介護事業の売却に向けて調整していることがわかった。ワタミは201...
ビジネス

大嶋祥誉「マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか」(SB Crative)

マッキンゼー出身者による仕事術とかノート術というのは、かなり世に溢れていて、どうかすると、ここで読んだことが、あの本にも出ていて、といったことがある。当然、本書に書かれていることも、いくつかの他書とのダブリがあるのは事実なのだが、まあ、最...
ワークスタイル

Seriaのセリスキンを買った

一月ほどA4ノートを使っていたのだが、どうもサイズが大きくて日常的な携帯にはどうもなー、という感じが払拭できず、再びA5サイズに回帰している。 このサイズの方眼ノートというのが見つからなくて、何の変哲もない罫線ノートを使っている。ただ、その...
そとごはん

鳥取市「夢倉」で台湾麺を食す

奥さんの留守を良いことに、昼食もふらふらと彷徨い出ることにする。わけもなくラーメン気分であったのだが、今まで行ったことのない店にしようと、食べログから適当に検索して、鳥取市の北ジャス近くの「夢倉」という店に。夢倉は「むーとん」と読むらしい。...
そとごはん

朝食はコメダ珈琲店のモーニングを食す

昨日から奥さんが泊りがけの出張のため、本日の食事はかなり好き勝手にしても良い。 折角のチャンスであるので、名古屋本店の珈琲店であるコメダ珈琲のモーニング。 あいにくの雨のせいもあるのか、妙に店が混み合っていて、しばらく待つ。待っている間にメ...
タイトルとURLをコピーしました