カテゴリー別アーカイブ: 斎藤孝

「孫子」ビジネスを応用する”コツ”をつかむ — マンガ 齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方

プレジデント・オンラインに戦略論と失敗学の権威・野中郁次郎氏の記事「なぜ”孫子”は世界のリーダーに愛されるか」という記事を書いておられる。

「孫子」は、孫正義氏、大前研一氏、ビル・ゲイツ氏、アメリカの元国務長官のコリン・パウエル氏など、多くのリーダーが言及することの多い書であるようで、当方も、爪の垢を煎じようと読んで見ることに。

といっても、本物の古典はちょっとツラいので「マンガ 齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方」を読んでみた。

【構成は】

序章 孫子の兵法の基本
1章 環境編>社内の環境を整える秘訣
2章 個人編>ビジネスマンとして成長するには
3章 指導者編>リーダーとして成長するには
4章 競争編>競争・交渉をうまく進める秘訣
5章 失敗・挽回編>失敗した時の対処と予防
6章 チーム編>チームをより強くする

となっていて、章ごとにマンガ、その後に、漫画で登場した孫子の言葉の解説、斉藤先生のビジネス・アドバイスといった造りですな。

【あらすじは】

西東電機というメーカーの商品企画第二課という企画セクションながらお荷物所属に配属された、鼻っ柱に強い若い女性企画マン・麻生千夏が、やる気はあるが空回りする新人・宮川亮太、左遷されている腕利きの元営業マン・高津武典、引っ込み思案で言いたいことも言えないが仕事はきっちりこなす本多摩季、パソコンオタクの幸田ツトム、といったメンバーとともに、課をまとめて新企画をまとめあげ、社内コンペに勝ち上がってヒット商品を連発し・・、といった展開。

基本、ビジネス・マンガお決まりのサクセス・ストーリーであるのだが、物語の展開が主人公が「孫子の兵法」という本を元に組織の改革や新企画に取り組んでいくという設定で「孫子」つながりを出してます。

続きを読む

「福沢諭吉」という「冷めた活動家」を解剖する — 斎藤孝「座右の諭吉」(光文社新書)

「座右の・・」シリーズの三作目。今回とりあげられている「福沢諭吉」は、「ゲーテ」「ニーチェ」と違って、冷めた傾向の人物であるので、前作とは斎藤孝氏の言いぶりも、ちょっと勝手が違うようだ。
 
構成は
 
Ⅰ 独立の章
 1 精神はカラリとしたもの
 2 喜怒色に顕わさず
 3 浮世を軽く見る
 4 血に交わりて赤くならぬ
 5 他人の熱に依らぬ
 6 世間に無頓着
 7 運動体の中心になる
Ⅱ 修行の章
 8 書生流の議論はしない
 9 大事なのは「意味を解す」ということ
 10 活用なき学問は無学に等し
 11 勉強法の根幹は自力主義
 12 自分の基本テキストを持つ
 13 修行期間を自ら設定する
 14 最高の師匠を選ぶ
Ⅲ 出世の章
 15 人生をデザインする
 16 まず相場を知る
 17 大きな間違いを起こさない
 18 たくらみも方便
 19 贋手紙の効用
 20 有らん限りの仕事をする
 21 空威張りは敵
 22 莫逆の友はいなくていい
 23 極端を想像す
Ⅳ 事業の章
 24 なぜすぐにやらないのか
 25 時節柄がエラかっただけ
 26 「自分探し」は時間の無駄
 27 才能より決断
 28 パブリックとおいう意識を持つ
Ⅴ 処世の章
 29 雑事を厭わず
 30 大切なのは健康とお金
 31 運動は米搗薪割
 32 理外には一銭金も費やすべからず
 33 家計は現金主義
 34 必要な金ならば使え
 
となっていて、勝手が違うと表現したのは、斎藤氏流の解釈というか、福沢諭吉の言葉に託して、斎藤氏の主張を展開するというところが希薄になっている気がして、そこのところは、
 
福沢がその時代には珍しく、「精神がカラリと晴れた」、合理的な考え方に徹した人物だったからだ。彼はどんな 閉塞 状況にあっても、あるいはどんな難しい事態に 陥っても、まったくへこたれるところがなかった。パニックにならずに対処し続ける。無駄なことには一切悩まない。自分のやりたいことがうまく進むように具体的な手だけを打っていく男
 
というところに象徴されるように、諭吉の言葉が明晰で「解釈のブレ」をゆるさないせいであろうか。
 
特に
 
福沢は人間を解剖学的に見てしまうところがある。それだけに、人間という存在に向き合ってその深層を理解したいと思う人にとっては物足りなさを覚えるタイプかもしれない
福沢は人間を解剖学的に見てしまうところがある。それだけに、人間という存在に向き合ってその深層を理解したいと思う人にとっては物足りなさを覚える
 
というタイプであるから、「座右の・・」も、ウエットなもの侵入を許さないので、とても乾いた印象を受ける。ただ、そういう人物の行動が計算高く、高所かた観察するという態を取ることが多いに対し、
 
確かに、自分一人で何かを始めるのはつらい。それゆえ、自分から動くことが普通の人はなかなかできない。また、人を 焚きつける空気を持ち込む人がいても、最初は抵抗感がある。  しかし、まどろんでいる状態が幸せか、覚醒している状態が幸せかと言えば、覚醒して何かに燃えている状態のほうが断然面白い。福沢にはその実感があった。一カ所にとどまるより、自らが運動体となって発電機のように放熱していこうと啓蒙活動をした。
 
といった風に、冷めた活動家であるところが未だに評価を落としていない所以であろうか。そして、
 
福沢は、読書を中心に置いたからこそ見識があって、世の中のために多くのことを成し遂げることができた。その力があったから人から期待されることも多く、他に類を見ないほどの広い人間関係を築くことができた。読書を柱として人生を打ち立てると、これほど豊かに生きられることを見せてくれた人物である。
 
といったところにもあるようで、いわば「冷めた行動的な古典主義者」であるところが、筆者が「諭吉」を好む理由であるだろうか。
 
さて、筆者によれば
 
私が福沢について説明するなら、「彼はプロフェッショナルの 啓蒙 家だった」と言わせてもらう。日本のために八面六臂の活躍をした実業の部分の実力はものすごい。しかし、もっとも讃えられるべきは、人々が精神までをも近代化しなければいけなかった時代に、旧態依然とした思想を突き壊し、真に蒙を 啓 くために活動したこと
 
ということであるらしく、旧来の価値が壊れていく上に、AIという「人間の知性」を揺さぶってくる存在が出現した今日、「福沢諭吉」という存在をもう一度、再考察してもいいかもしれんですね。
 

「勉強する」ということの『本質』は何? — 斎藤孝「地アタマを鍛える 知的勉強法」(講談社現代新書)

「勉強」と聞くと、急に頭が痛くなったり、気が重くなるのは当方だけではないと思う。最初に言うと、「あとがき」で「「もっとも大切なのは・・・総合的判断力です」と述べられているように、けして、物事を要領よく記憶したり、試験で出そうなところを上手に覚える技術についての本ではない。
 
構成は
 
序章 勉強しているのに、なぜ身につかないのか?
第一章 大切なことを瞬時につかむ勉強法
第二章 地アタマを鍛え身体に染み込む勉強法
第三章 人格を磨く勉強法
第四章 実力がワンランクアップするヒント集
終章 直感力で本質をわしづかみ
 
となっているのだが、本書は、
 
勉強したからといって柔らかく本質を捉える「しなやかな地アタマ」が身につくわけではない。むしろ勉強法が重要。(P6)
 
というように、「勉強することの型」「勉強するスタイル」についての本であって、
 
生きていく上で3つの力が基本になる
①まねる力(技を盗む力)
②段取り力(物事を為す大切な手順を理解し、組み立てる力)
③コメント力(質問力を含む)(P26)
 
まねる勉強法とは、勉強法自体を盗むことでもあります。もちろん、勉強法を考えずに勉強を教えてもらうやり方もありますが、勉強法のポイントを盗み、それにネーミングして自分のものにしてしまうほうが、はるかに有効だと思われます(P30)
 
といったところに本書の肝があるといっていい。
 
もちろん、勉強法の本であるから
 
勉強したい本、制覇したい参考書などの目次を拡大コピーします。そこに、その本の重要と思われるポイントを書き込んでいきます。それを色分けしたり、あるいは余白に自分で作った問いの答を書いたりして、目次を中心に、いわば地図のような本の俯瞰図を作成します=目次勉強法
 
 
新しく知識を得るために、それについて書かれた本を10冊買ったとしまし。・・まず自分に必要な知識が何かを設定し、それを探す(サーチする)ように読みます。これなら、必要なところだけ取り出せばいいので、驚くほど早く読めます(P102)=「サーチ式とばし読み」勉強法
 
であったり、
 
答を探し出す合理的な方法は、まず仮設を立てて実験してみることです。それで、もし間違えていたら、修正して次に進む。その思考回路を頭の中に造ってしまおうという勉強法=「仮設→実験→修正」回路勉強法
 
とか
 
野生のライオンはほとんど一日寝て過ごしますが、いざ獲物が近づくと、瞬時に反応します。獲物をしとめたら、食べたいとこだけ食べて、去っていく。私の本の読み方は、まさにこれです。流しながら読んでいて、ここだと思った時だけ、ガバッと食らいつく。あとは振り捨ててしまうので、読むのが異常に速い=野生の勉強法
 
といった、筆者おすすめの方法については、かなりのページを割いて紹介されて入るのだが、それ何か物事をを覚える、あるいは記憶する方法論を紹介するという趣旨ではない。むしろ、
 
知的というと、論理の積み重ねによって頭を働かせるようなイメージがありますが、実はむしろ知的な人ほど直感的に物事を判断しているように思います。(P174)
 
 
大筋をつかむためには、直感が働くことを優先させるクセが必要です。例えば、問題を解く時は、まず巨視的に問題を見ます。直感でどうしたらいいか、自分自身に聞いてみるのです(P178)
 
といった「直感力」が、より効果を上げる、力を発揮するための「情報」「知識」を得るための方法論を紹介するという意味でとらえるべきで、其その意味で、世間一般の「勉強法」の本とは一線を画していると考えるべきであろう。
 
まあ、本書によれば『勉強とは「生きる力」を身につける最強のスキルである。』とのこと。生きるための「直感力」が最も発揮できるスタイルを、個々に探していけばよいのかもしれんですね。
 

議論やディベートの意義は「論争」に勝利することではない — 斎藤 孝「頭が良くなる議論の技術」(講談社現代新書)

「議論」あるいは「ディベート」の技術が、必須のものとして扱われてきたのは、ここ最近のような気がする。以前は、口角泡を飛ばして論じ合うより、「以心伝心」や「男は黙って」といったことのほうが美徳のように語られていたものだが、グローバル化や、価値観が多様化が、こうした「議論」の技術の重要性を高めたのも一因であろう。
 
構成は
 
序章 ネットと議論 ネットの可能性
第一章 議論とは何だろう
第二章 議論のジャンル
第三章 議論の技術 基本は西洋流
第四章 新しい日本の議論
第五章 根本的な議論をしてみないか
 
となっていて、筆者によれば
 
「いつでもどこでも」楽しい議論をしたい。言うなれば「後味スッキリ議論」をいつでも現出させることができる技術。これが本書の目指すところ(P5)
 
ということのようであるのだが、本書は、「議論に勝つ技術」「議論に勝つテクニック」を披瀝するものではなく、
 
当時の(日本)陸軍では、ディベートや議論の訓練が行われていて、それが上手な人が出世の階段を上がっていくという構造があったのです。軍隊などというと、議論などおかまいなしにトップダウンで物事がガンガン決まっていくような印象を抱きがちですが、幹部たちは議論の練習を積んでいた、というのはちょっと驚きです。
しかし悪いことに陸軍では、中身が現実を反映していない空理空論のようなものがあっても、白いものをあたかも黒のように言いくるめるテクニックを持つ人が登用されていきました。それが非現実的な意思決定がされていく背景にあったともいわれています。これが日本を襲う悲劇を招いたのでした。(P48)
 
といった過去の反省から、「議論すること」そのものの大切さに立脚しているところであろう。そしてこの例から見ると、正しく議論し、正しく結論を導くことは、議論の技術論でではなく、「地に足のついた話をする」「議論で相手を嵌めない」といった、ビジネス道徳にきちんと立脚していることが前提であるような気がしてくる。
 
そして、「ディベート」や「議論」を扱う本は、ともするとディベートの勝ち方に重心をおきがちであるのだが、本書の
 
ディベートは確かに二手に分かれて意見を闘わせますが、そこには必ず聴衆がいて、どちらの主張が理にかなっていたかを判断するのです。
もしもディベートの結果、何らかの結論を導かなければならないという場合は、その役割を担うのは第三者の聴衆たちということになります(P61)
 
ということが意味する「議論で大切なのは「気づき」です。相手の意見によって、「気づき」が生まれ、意見を修正していくことです(P41)」という本質を外れずに、議論は手段であって、本質ではないということを肝に銘じておくべきなのだね、と思い知る
 
とはいっても、そこは手練の筆者であるから
 
プライドの扱いをしくじると、うまくいく議論も上手くいかなくなる(P134)
 
 
中には、発言を途中で遮られたことに怒り出す人もいます。そういうタイプの人に対してはいきなりカットインするのではなく、「まさにそうですよね」とどうしながらさりげなく話を引き取ってしまう。(P204)
 
あるいは
 
とっ散らかった議論を元に戻す時に使える言い回しというは、「まさにいま多彩な意見が堕されたことでわれわれの視野が広がりました。そこで今度はちょっと絞り込みに入りたいと思います」というようなものです(P205)
 
といったテクニカルな部分も、ちゃんと示してくれるのは、さすがベテランの大学教員であります。
 
「議論」や「ディベート」というと、往々にして「言い争い」や「人格攻撃」に陥ってしまうことが日本人的な議論にはよくあること。どうせ議論やディベートをしないといけないご時世であるなら、「上手な議論の方法」と「議論でしてはならないこと」を学んで、より実りある「議論」をやりたいものですね
 

読書家による「書店LOVE」の熱いアピール — 斎藤 孝「10分あれば書店に行きなさい」(メディアファクトリー新書)

知的活動のあらゆる分野で発信されている、斎藤孝先生の「書店LOVE」の本。
 
大学生協の調査で、1日の読書時間「0」の大学生が2017年、はじめて5割を超えたという報道が、つい先日されたばかりなので、
 
基本的に本書の提案はたった一つ「1日最低10分、必ず書店へ行こう」(P21)
 
という本書の提案は、なかなかに普及は難しいような気がするが、全般的な読書時間の低下や電子書籍の影響で、書店も減り、「書店に行く」という機会が以前に比べて激減しているのは間違いない。
 
構成は
 
序章 書店の潜在能力を、あなたは知らない
第1章 書店で知性と精神力を磨け
第2章 書店はアイデアの宝庫
第3章 コーナー別・書店の歩き方
第4章 書店をもっと使い倒す「裏技」
第5章 「心のオアシス」としての書店
第6章 本への投資を惜しんではいけない
第7章 分水嶺の時代
 
となっていて、第1章から第6章までは、「書店」の効用のあの手この手のアピール、といったところなのだが、当方的には、
 
ポイントは「何かネタを仕入れよう」という気持ちで本を読むこと。そしてそのために、常に「引用」を念頭におくこと
 
とか、
 
本を買ったら、ただちに近くの喫茶店に飛び込み「本のさばき」を始める。その「本のさばき方」とは
 
・最初の頁から順番に読む発想を捨てる。そして1冊につきせいぜい10〜15分で終わらせること。それには、気になる部分だけピックアップして読めばいいのである。
 
・まず目次を見て、気になる項目をチェックする。10分から15分しかないと仮定すれば、読める項目はせいぜい2〜3個であろう。
 
その上で、3色ボールペンの活用を推奨したい。チェックした項目を読んで、基礎知識として重要と思われる部分を「青」、最重要と思われる部分を「赤」、個人的に面白いと思う部分を「緑」でそれぞれ線を引くなり囲むなりするのである、」さらに頁の角を折っておけば、後で見返す際にも便利だ。
 
といった方法論のところが興味深い。
 
まあ、15分で新書一冊を「さばいてしまう」といった読み方は、まだ体得できていないが、本からいかに速く情報を仕入れるかといった点で参考になる話。
 
本を全く読まない層は増えているかもしれないが、まだまだ「読者層」と呼ばれる塊は健在であると信じている。新刊や気になる本をチェックするためだけではなくて、たまには、自分の知的活動を広げるトレーニングとして書店に行ってみますかね。
(ただ、地方都市は郊外型の書店が大半になってきたので、ちょっと勤め帰りに、というわけにいかないのが難点でありますね)
 

「会話力」は ”人間生活+出世” の基礎であるようだ — 斎藤 孝「すごい「会話力」」(講談社現代新書)

斎藤孝先生は、「◯◯力」という言葉を生み出す名人でもあって、今までも「雑談力」とか「語彙力」とか、思わず「えっ」と引き寄せられる言葉をつくり出してきている。
そういう著者の今回の「◯◯力」は「会話(力)」。
ただ今回は「会話」というちょっとありふれた言葉を使っているので「すごい」と「会話力」が融合して初めて気を引くかな、と思う次第。
で、その「すごい会話力」とは「交友(友人と良い関係を築く)」「仕事」「愛(恋愛し、結婚し、家族を形成する」の人生の三つの課題をこなしていく総合的な会話力であるそうな。
さて、本書の構成は
まえがきー会話部への御招待
第1章 会話の構造ー会話力は実は上達が早い
第2章 「会話身体」で人間関係力を磨く
第3章 情報交換とは「贈与」と「返礼」の精神
第4章 マインドフルネスー幸福感を味わう
第5章 活字力と「後輩力」で差をつける
第6章 「大人会話力」でパワーアップ
第7章 言葉遣いのセンスを古典と名作に学ぶ
終章 究極の会話力
あとがきー座の会話力へ
で、本書で言う「会話力」とは
会話には三つの段階があり、それぞれの段階に応じた会話力が求められます。
一番基礎的な会話力は、言葉のやりとりを通じて相手と仲良くなる「雑談力」です。(P30)
私達の会話の大半は雑談なのです。
・・・実は雑談には、その場の人間同士の距離を縮め、場の空気を和らげる力があります(P31)
会話力の第2段階は「意味のやり取り」の会話力です。・・・これは、言い換えれば、相手の話の意味を上手に要約する力です。(P35)
さらにその上をいく最上位の第3段階が「クリエイティブな会話力」です・
これは話しているうちに「ああ、それならこうやってみよう」というアイデアがお互い出てくる会話力です。
クリエイティブな会話力とは、「お互いの間に新しい意味が生まれる」会話です(P36)
という3つであるそうなのだが、この会話力のテクニックは
会話の中で、相手に何を薦める時、違う観点から三つ用意しておくと、相手に「お得感」を持ってもらうことができます(P92)
とか
「他人がジョークを言ったら盛大に笑う」(P159)
相手が何か情報を開示してくれたら、まずは「へ〜」と軽く驚くのが礼儀です(P161)
といった小技の集合体でもあるのだが、ジョークへの対応のあたりは欧米人の得意技でもある。
もっとも
欧米人の会話には、古典からの引用が非常にたくさん出てきます。引用を使うと話の内容が一気に教養に満ち溢れた感じになるのです。
(中略)
では何を引用すればいいのか。欧米では不動のトップ3が確定しています。旧約聖書、新約聖書、シェイクスピアの三点です(P175)
といったあたりは、趣味良い会話には、「教養」が欠かせんな、と我が身を振り返ってちょっと寒くなる。
さて、
人間の意思決定というものは、実は感情に左右されています。(P19)
現代はビジネスが高度で複雑になっていますが、じつはそこで求められる能力の中で、「感じが良い」ということは非常に大きな比重を占めるようになってきています。(P25)
といった時代風景の中で
人の幸福感は、何によって増やすことが出来るのでしょうか。私は「会話」だと確信しています。(P28)
と、「会話」の重要性を一貫して主張するのが本書の大筋。本書で紹介される「小技」をつまみながら、会話の力を磨いてみてはいかがかな。