カテゴリー別アーカイブ: 信長のシェフ

旧勢力は去れ、と信長は言った ー 信長のシェフ 22

前巻で、信長と謙信との面談を画策すべく、上杉陣営に行き、謙信に料理を提供したが、当時はアク抜きをする方法を寺社しか知らないため、毒芋といわれたこんにゃくの料理を出したため、牢に入れられた主人公の料理人・ケンのもとに上杉謙信が訪れるところから本書『梶川卓郎「信長のシェフ 22」(芳文社コミックス)』の物語はスタート。

【構成は】

第182話 心の向かうままに

第183話 朝風の音

第184話 天が選びし男

第185話 信じるもの

第186話 信長の登城命令

第187話 秀吉のスープ

第188話 小倅と糞爺

第189話 平蜘蛛の価値

となっていて、手取川の合戦から、この戦で勝手な動きをしたため追放になりそうな秀吉の赦免、そして松永弾正の反乱というところで、信長の天下布武はもうちょっと先、という時が、今巻の舞台。

【注目ポイント】

一つは、信長と謙信の直接対決のところ。 もともと、関東管領の職を受けるなど、幕府とか朝廷とか伝統的な権威を尊崇していた謙信であるので、(今はその進取性にちょっと疑問符がついているが)旧来の伝統を屁とも思わない信長とは、相容れるはずがないのだが、本書では、その相違点は「世界の中の日本の立場」の認識に求めている。 そこのところは

と表現していて、田舎に生まれてしまった「謙信」の限界は、謙信の責任ではないだけに物悲しい。

もっとも、謙信や信玄が信長を倒して上京し、新政権を築いても、室町幕府を踏襲した古色ゆかしいものになっただろう、という説が有力だから、そうなると、今の日本も、かなり姿が変わっていたであろう。果たして、日本が、今のような経済大国であったかどうか「??」であるし、さらにはアジアの姿も今とは違ったものになっていたような気がしますね。

もうひとつは、松永弾正が志貴山城に立てこもったところに「ケン」が平蜘蛛の茶釜を受け取りに来た時の

といったやりとり。 松永弾正が天下を狙っていた気配はあるけれど、彼から「新しい世」の理念みたいなものはちょっと見えてこないので、これまた謙信や信玄と同様な体制だったような気がするので、これまた、日本にとっては幸いであったように思えますね。

残念な使われ方を依然されているのが「豊臣秀吉」で、織田本軍から離れた時に謙信を見つけ、襲って功名をあげようとするが、「ケン」の胡椒と小麦粉のトリックで撃退されるし、軍機違反により登城を命じられた際に、「ケン」の助けを受けながら、信長に気に入られる料理を工夫するが、信長が口に怪我をしていることを察しながら、口に滲みる「刺激物」を入れてしまったり、とか、どこか穴があって憎めないながら、おっちょこちょいな感じが出ている。ただ。これが、秀吉が天下人になった後に、酷薄になる伏線であるとすれば、見事としかいいようがない。

【まとめ】

上杉謙信は取手川の合戦の後、自領にこもってしまって上京はしなかったことや、松永弾正が志貴山城で叛旗を翻すが志果たせず、平蜘蛛の茶釜を破壊してしまうといったところは史実で、この巻は、戦国時代が終息する過程での、旧勢力が崩れていく風情を、主人公「ケン」の活躍を通じて描いている。 本能寺の変まで、あと5年。歴史は変わりますかどうかは、次巻以降を待て、というところですね。

織田と上杉の激突、いよいよ決戦前夜 — 梶川卓郎「信長のシェフ 21」(芳文社)

歴史の中には闇の中に埋もれたままで、後世には残っていないことはたくさんあるはずで、そのあたりに妄想を巡らすのも、後世の歴史愛好家の特権であろう。信長のシェフ21巻は、そういった風情で、戦国時代の歴史愛好家の「ひょっとすると」を刺激する筋立て。
 
収録は
 
第174話 孤独への救い
第175話 密談への道
第176話 関所を超えろ
第177話 苦渋の謀り
第178話 武田の利
第179話 天が与えしもの
第180話 能登への道
第181話 謙信に届け
 
となっていて、時代背景的には、織田勢と上杉勢とが激突した「手取川の戦い」の前夜。
話の筋的には、主人公の「ケン」が、信長から上杉謙信との対面での面会のセットを命じられて、武田勝家を通じて、謙信のもとへ出向く。さて、首尾よく、その調整が整うか・・・、といったところ。
 
史実的には、信長と謙信が密かに会った、なんて記録はおろか、この手取川の戦に信長が出陣したなんてことも残っていいないはずなのだが、手取川の戦の後に「上杉に遭うては織田も手取川 はねる謙信逃げるとぶ長(信長)」といった落首が残されているらしいので、このあたりに妄想をたくましくしても面白い。
 
今回注目する人物模様は、信長の密命を受けてはっきりとしたものいいができず陣中を不安にさせている柴田勝家と、勝家を焚き付けて織田軍から離脱する羽柴秀吉。本巻では、秀吉は、情報途絶を嫌って自ら情報収集の道を探ることとなっているのだが、本当のところは、二人の反りが合わなかったという通説が正解であろう。ただ、この戦の終了後、本来なら謀反ととられてもよい秀吉の行動を信長は許しているので、なにかしら隠された事実があるのかしれない、と妄想させるに十分ではある。
 
もうひとつは、武田勝頼の人物の大きさ。大概の歴史小説では、あまり評判のよくない勝頼なのであるが、本シリーズでは、能力も高く、情け深い、といった風にかなり好意的に描かれている。
 
さて、話としては、上杉謙信の本隊に潜入を果たし、しかも、謙信へ信長の意思に伝えることができた。さて、歴史の陰に埋もれた「手取川の戦・秘話」的な信長・謙信会合はありうるのか、といったところで次巻へ続くんである。

天下の情勢は急変、越後の龍・謙信起つ — 梶川卓郎「信長のシェフ 20」(芳文社)

タイムスリップものは、主人公が活躍して、その時代で重きをなしていくにつれて、タイムパラドクスをどう取り扱うか、といったことが重要になってきて、主人公の活躍も歴史に組み込まれたものとしていくか、あるいは全くの架空史にしていくかの瀬戸際に、そろそろ、このシリーズもさしかかったかな、という感じがする。
 
第20巻の収録は
 
第166話 変えうる力
第167話 海を統べるもの
第168話 心を救うもの
第169話 信長の向かう先
第170話 動き出した軍神
第171話 秘密の贈り物
第172話 七尾城揺れる
第173話 謙信という男
 
となっていて、時代背景的には、天王寺砦の戦の後、本願寺勢が籠城に入り、織田軍が封鎖を続ける中、顕如から救援を依頼された毛利軍が兵糧と軍備の補給を試みるところから、上杉・武田・北条の和睦が成り、上杉謙信が上洛を始めるところまでで、多彩な政治的な出来事が凝縮されているのが本巻。
 
出来事があれこれ起こる時の登場人物の動きというのは、キャラが定まってきたシリーズもの、特に歴史ものでは、急にわさわさと動いて面白いもので、毛利勢、織田勢、本願寺勢、上杉勢と、占めるページ数は限られるものの、それぞれに陣営の特徴が感じられる。
 
特に今巻で注目したい人物は、まずは、織田の九鬼水軍の長・九鬼嘉隆に対する毛利軍の村上水軍の長・村上元吉で、本願寺へ物資補給で九鬼水軍に対峙して、
 
我ら海賊衆は古来より海を住処とする者・・・。
あくまで陸の大名達に「協力」はするが陸の組織に取り込まれはしない・
(略)
陸に焦がれた海の兵など怖くはない
 
というあたりに、藤原純友以来綿々と流れる、中央の権力から独立してあろうとする、辺境にある者の心意気を感じるし、
もうひとりは、毛利元輝で、村上元吉に「わしが天下人の器だと思うか?」と問うて
 
「織田は間違いなくその中の一人じゃ。
そして、わしは違う、わしには出来ぬ。
この戦国の世、その才覚だけが全てではない。
わしでしかやれぬことがある
相手は天下人になり得る男じゃ。同格の男に戦ってもらうのがよかろうよ」
 
といったあたりに、天下統一争いから一歩引いていたせいか、歴史小説では、影が薄い人物であるが、天下人候補たちに横から影響を与える、「脇役の底力」を感じますな。
 
さらには史実とは違うのだろうが、織田信長の長男・信忠と武田勝家の妹・松姫
との「秘めたる恋」の贈り物に、「ケン」が協力するあたりは戦乱の中の一服の清涼剤なのだが、すでに時代改変に関わってるよね、と思わないでもない。
 
さて、本巻は、「ケン」が、織田勢に攻めかかる上杉謙信への秘策を、織田信長から託されたあたりで、次巻へと続くのである。

「瑤子」と「松田」、それぞれの旅立ち — 梶川卓郎「信長のシェフ 19」(芳文社)

信長のシェフ第19巻は、現代から戦国時代へと紛れ込んできた原因とその同僚たちとの別れの巻といっていい。
 
収録は
 
第158話 あの日の出来事
第159話 この時代で生きること
第160話 瑤子の処遇
第161話 命がけの馳走
第162話 証となる一品
第163話 瑤子と顕如
第164話 松田の罪
第165話 妖術使い果心
 
となっていて、まずは、第158話で、前巻の最後に、本願寺の敗残兵の銃弾を受けて負傷した「ケン」の看病をしている「瑤子」の口から、この戦国時代にタイムスリップした原因らしきものが語られたり、第164話では、「松田」の口から、同じくタイムスリップした他の同僚の様子とかが語られる。
 
今巻でそこらあたりが語られるのは、瑤子や松田の身の振り方が一応の決着をみるのと無縁ではなさそうで、刀鍛冶の「夏」との関係といい、どうやら、石山本願寺の籠城をきっかけに、信長の包囲網に毛利、上杉が加わり、信長の天下布武の動きも新しい展開になることと軌を一にしているのであろう。二人の身の不利先は、「ケン」とは、ちょっと縁遠くなりそうな所だね、とだけいっておこう。
 
こうしたタイムスリップものは、歴史的事実というのは、はっきりしているので、当然、この話でも、信長は本能寺で命を落とすはずである。そこらあたりは、筆者も心得ているはずで、天王寺砦の戦で信長が鉄砲傷を負わなかったところで歴史改変にもっていくか、あるいは、「ケン」が羽柴秀吉から「もし、上様の所をお役御免となったら、わしに仕えぬか?」という問いかけを断るも、「何か、秀吉さんがお困りで、俺に出来ることがあるなら、すぐに駆けつけます」といったところで、信長死去後の展開につなげる布石なのかは、本能寺の変が近くなっているので気になる所ではある。
 
 
今回は、注目すべき人物は特になし。気になったのは久々に料理の方で、瑤子を顕如の元へ帰すため、信長を説得する「明石焼き」とか、瑤子の人質交渉に使われる「スフレ・シーフードソースかけ」とかは、今でも美味そうでありますな。
さらには、果心居士が処刑される際に、ネズミに変じたエピソードの種明かしも料理ネタ絡みなのだが、ここでレビューするとネタバレがすぎるので、ここは本書に確認いただきたい。
 
さて、物語の方は、これからの展開で貴重な役割を果たしていくであろう「毛利輝元」が顔をだすところで次巻に続くんである。
 

「陰謀」は敗れるからこそ面白い — 梶川卓郎「信長のシェフ 18」(芳文社)

さて、「信長のシェフ」の18巻は、信長軍と本願寺軍との戦のその後。以前、砦に足止めされている明智光秀軍へ織田勢の救出の動きと、本願寺勢の攻め。そして、その間で信長の暗殺を狙って策謀を巡らす果心居士と、その黒幕の松永久秀、といった具合で、やはり、戦国モノの醍醐味は戦闘と陰謀にあるな、と実感。
 
収録は
 
第150話 毛利を止める策
第151話 商人を動かす料理
第152話 毛利と花琳
第153話 いざ、果心の元へ
第154話 光秀を縛るもの
第155話 凡庸の将
第156話 それぞれの望み
第157話 垣間見た風景
 
となっていて、信長から、毛利軍の牽制を命じられた主人公の「ケンが、さるところに出向いて、料理の腕を使って任務を果たすところから始まって、果心の策謀の阻止、そして史実どおりの、本願寺勢へ向かう信長の単独行と本願寺勢の籠城というのが本巻。
毛利軍の牽制をするために、堺で知り合った明国の商人を使うのだが、彼女を動かすのが、現在、高級中華料理の定番となっている食材。本来なら、もう少し後の時代にその価値が見出されるものなので、このあたり時代改変になるんでは、という懸念は野暮というものか。
 
今巻の注目人物は、曲者の「松永久秀」で、スキあらば寝首を掻こうとするのが習性となっている武将の悪どさが「素敵」に描かれていて、圧巻は、明智光秀立てこもる砦に織田信長が向かった時に、信長を裏切るのは形勢が悪いとみると、突然、本願寺を攻めるという、変わり身の速さは、さすが稀代の梟将の面目躍如ですな。
 
さて、最後の方、謀略破れた果心居士こと「松田」と、本願寺勢が石山に籠城する過程で取り残された「瑤子」はともに、織田勢の捕虜となる。あわせて、「ケン」も、信長を狙った本願寺の敗残兵の銃弾を受け負傷し、意識を失う。果たして、三人の運命は・・・ということで次巻へ続くのであった。
 

本願寺挙兵ス — 梶川卓郎「信長のシェフ 17」(芳文社)

さて「信長のシェフ」の17巻目は、「天王寺合戦」の始まりのところ。
調べてみると、本願寺と織田勢との戦で、結構重要な位置づけの「戦争」のようだ。
 
収録は
 
第142話 操るもの、操られるもの
第143話 瑤子の伝言
第144話 戦国の茶会
第145話 野点に裏にて
第146話 伝えるべきこと
第147話 切り裂く刃
第148話 本願寺挙兵
第149話 毛利軍の正体
 
となっていて、戦が開始される前の、嵐の前の静けさ的な、織田と本願寺との茶会の前後から始まる。
おおまかにいうと、「ケン」こと賢一郎と瑤子が「現代」にいた時の給仕長の「松田」に信長暗殺の陰謀に、松永久秀がが加担し、さらに松永を利用しようとする本願寺勢といった様相で、こういうタイムスリップものの時代ものは、史実は史実として、現代人が歴史をどうこうしようとする悪玉と、それを阻止しようとする善玉、そして、そんな事は関係なしに自らの欲望を遂げようとする、その時代人といった、くんずほぐれつの騒動が楽しいんだよね。
 
そして、時代の流れに心を痛める美女(「瑤子さん」だよね)といったお決まりのパターンもまた良いですな。
 
で、今巻の注目人物は、なんといっても本願寺顕如。たいがいの歴史小説では、織田信長に歯向かったせいか、茫漠としたイメージしか与えられていないのだが、このシリーズでは、旧勢力の代表者・リーダーとして見識もあり胆力もあり、といった感じで描かれている。
 
今巻の話の最後は、史実ではまだ出陣してこないはずの「毛利勢」を、信長の命によって、「ケン」が押し止めるために現地に向かうところで終わるのであるが、さて次巻でどういう手立てが講じられるのでありましょうか。

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 15」(芳文社コミックス)

12~14巻と、結構、溜めの期間が長かったように思う、信長のシェフであるが、戦国期の大きな転換点、設楽原の戦が今回の見せ場。

しかも「信長のシェフ」では信長も冷酷で癇癖の強い”魔王”として描かれていないように、武田勝頼も、よくある二代目の典型ではなく、信玄を凌ぐほどの武勇と知略をもとながら信玄の急死に足場固めができなかった武将として描かれているので、信長の三重柵、鉄砲の勝利、と単純に説かれる、この戦も、その内実の解明は一筋縄ではいかなくて、異設楽原の地形を利用した”一夜城”のからくりと、鉄砲の射撃技術を織田勢勝利の要因のするあたり、なかなかの筋立て。

とはいうものの、設楽原の織田の勝因が、畿内の度重なる戦の経験と海外と交易による物量の輸入の容易さという「地域格差」と論破されると、居ながらにして経験値が貯まる”都会地”ならぬ辺境に住まう身としては、なんとも切なくなるのは確かではある。

また、武田勢敗北の中、落ち延びるかどうか迷っている気配の武田勝頼の姿を察して、織田信長の

「総大将は逃げねばならぬ。

ただの一武将のように武勇を誇り、華々しく散ることは許されぬ。

死ぬよりも過酷な敗戦の恥辱を一身に受け、自らの命により死した者達の骸踏みつけて、なお、逃げねばならぬ。

行きねばならぬ。それが総大将じゃ。それが出来るか・・?武田勝頼」

という言葉は、けして勝ち戦一色ではなく、数々の敗戦を乗り越えて最後に京をとった信長が、同じ才ある武将として武田勝頼を評価した言葉とも感じられて面白い。

さて、物語は武田勝頼の大敗北を受け、信長の天下布武のレベルが一段階上がる時期に至った。本能寺まで、もうちょっとではあるのだが、織田家、本能寺、松永久秀のもとにいる現代からのタイムスリップ者がどう動いていくか、佳境に至り始めたという感がいたしますな。

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 14」(芳文社コミックス)

さて、「静」の印象が強かった、12巻、13巻を経て、動着始めるのが14巻。

信玄の喪の明けた武田勝頼が、都を目指して動き始める。

当然最初に襲いかかられるのは徳川家康ではあるのだが、軍勢も多数で戦上手の武田勝頼の手にかかれば、高天神城は落城の目にあう。

ところが、家康は信長を信頼しており、信長の援軍が遅れたことも・・ていうのが表の歴史であるのだが、タイムスリップものの常道として、その陰には、この物語の主人公のケンがいて、ということで詳細は本書で確認を願いたい。

 

物語の後半は、武田領の百姓に捕獲されたケンが、武田と織田の設楽原の戦の前に、さてどうするか、といったところで、今回の巻ではまだ設楽原の戦前夜で終わる。なので、大活劇は次巻にご期待というところであるのだが、事件の真相は、事件の起きる前にあるというおが鉄則で、武田が敗れるべきして敗れた、という伏線はあちこちに張られているので、読み解いてみるのも一興である。

ということで、いくつか印象に残ったフレーズは

「勝頼様に長く仕える長坂殿も申しておった。

あの方の戦いぶりは信玄公より軍神と呼ばれる上杉謙信公に似ておられるーと。

あのお方は勇猛果敢して強すぎるのだ。なればこそ、勝頼公は信玄公に及ばぬのだ」

「後の関が原の戦いは天下分け目の戦いと言われているが、識者によってはそれは違うという。

本当の天下分け目となったのは、武田の長篠城包囲を発端とする、長篠・設楽原の戦いであるーと」

といったところ。

織田信長は、ある書によれば戦下手であったという話もあるのだが、戦上手は天下はとれぬというのも真実かもしれぬ。

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 13」(芳文社コミックス)

この「信長のシェフ」は動の巻と静の巻があるようで、この13巻はどちらかといえば「静の巻」

といってもドラマがちんたらしているというわけではなく、兵と兵がぶつかりあう戦乱ではなく諜報戦、心理戦の部類が展開されているというもの

出来事的には、武田勝頼が徳川領に侵犯を初め、信長はと言えば、上杉謙信が動かないように同盟を固めたり、官位を受ける代わりに蘭奢待の切り取りを強要したり、といったところで、そこそこドラマは展開しているのだが、やはり戦乱がないのが「静」の印象を強くしているのであろうか。

料理的なところで読みどころは大酒飲みの上杉謙信への献上物のところ。

献上物の難物は2つあって、一つは京の絵師、狩野派の洛中洛外屏風絵図の入手と火入れのの酒なるもの。なにやら、かぐや姫の無理難題っぽくなってきたのだが、この二つが上杉謙信が京に攻め上るのを留めるのであるから、やはり贈り物は大事というところか。

そして、もちろん屏風(屏風に込められた暗喩、という意味ですよ)が上京を断念させる一番の原因ではあるのだが、切れ味がよくて良いのが、興福寺の火入れの酒が手に入らなくての窮余の日本酒をつかった献上酒と武田信玄の上洛の際の様子を謙信が聞いての感想のところ。

酒好きで信玄の良き宿敵であった”謙信”の姿がなんとも味があるです。

 

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 12」(芳文社コミックス)

小谷城が落城し、浅井・朝倉滅亡後、本願寺に送られた後から、翌年の新年までを描いているのが12巻。

 

最初の方は、信長の隠密である「楓」の救出のエピソード。ここでケンは彼の料理の一つのジャンルを封印することになるのだが、それがこれからどう影響してくるかは、乞うご期待というところで、伏線をはったところで終わっている。

 

12巻の読みどころは、香料を手に入れるために堺へ出向き、女性の中国人貿易商と闘茶の席での料理披露と、浅井・朝倉滅亡後の信長の残虐性を象徴する、長政・久政親子と朝倉義景のドクロを肴に新年の酒を酌み交わした事件の信長の本音、といったところ。

信長の意外性を話の底に忍ばせるのが、この「信長のシェフ」の特徴でもあるので、残虐性あふれるエピソードが実は、といったのがお決まりではあるのだが、それを松永久秀の謀反後の処置と絡めて解いてみせたのは、流石、腕がよい調理。

 

物語は、後の細川ガラシャも登場してきて、満艦飾っぽくなってくるのだが、さてこれからどうやってまとまっていきますかな。