「江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ステイホームは江戸で」=新型コロナ自粛の期間中に江戸の連続誘拐事件の謎を解け

元OLのフリーター・関口優佳が、祖母が遺した東京下町の古い家の押入れから江戸時代へとタイムスリップし、江戸と東京を行き来しながら、南町奉行所の同心・鵜飼伝三郎配下の小粋な岡っ引きとして、江戸市中の事件を解決していく「関口優佳」こと「おゆう」の捕物帳の第8弾が本書『山本巧次「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ステイホームは江戸で」(宝島社文庫)』。

前巻で、徳川家に災いをもたらすという妖刀・村正になるわる事件を解決した「おゆう」だったのですが、今回は新型コロナウィルスの感染拡大で厳しい外出自粛が呼びかけられる中、江戸で相続事件に関わりながら、隔離生活をするおゆうが描かれます

あらすじと注目ポイント

構成は

第一章 奇妙な誘拐魔
第二章 枕辺の狐狸たち
第三章 孫はいずれに
第四章 立志伝の結末

となっていて、今回の現代のほうの時系列的には、新型コロナウィルスが最初の流行をはじめ、1回目の緊急事態宣言が出たころがスタートです。

現代の方では定職もなく、収入の道も乏しい元OL・関口優佳は、自宅内に籠らなければならないならいっそのこと、現代ではないところで、ということで、隔離期間の1週間が経過したところで、江戸へとタイムスリップします。

「江戸」では腕利きの美人岡っ引き「おゆう」として財布の中身のほうも余裕のある彼女は、棒手振りや屋台、飯屋も豊富な独身天国で、恵まれた食生活を満喫することになります。一つ心配なのは、現代で流行している「新型コロナウィルス」が江戸で感染拡大することなのですが、ここのあたりは巻の最後半のところである種明かしがされることになります。

今回の事件の方は、深川の豪商の材木問屋の跡継ぎ争いで、一代で富を築き上げた信濃屋の当主・道久が年齢による衰えもあり、寝たきりになってしまったことから、その跡目争いが持ち上がるわけです。本来なら、当主・道久の後妻・お佳が相続人となるところなのですが、死んだ先妻の弟で信濃屋の分家・上松屋の主・吉次郎とその妻のお登勢、道久の従兄弟の子で信濃屋の手伝いをしながら遊び歩いている嬉一、後妻・お佳の姉のお兼といった親戚たちが分け前を狙って、互いの腹を探り合いながら、陰でいがみあっている、という人間模様です。

ここで、道久がまだ若く、材木を求めて関東各地を行商をしていた頃、武蔵の吉見の城下で、懇ろになりながら添い遂げることができなかった「お藤」という女性がいて、彼女との間にできた男の子に子供がいたことがわかります。この孫はどこかに貰い子に出され、行方がわからないのですが、この孫を探し出して身代を継がせたいと道久が言い出していることがわかります。

おりしも、江戸市中では数え年で三歳ぐらいの男の子のかどわかしが相次いでいて、ほとんどは、数日後、見つかっているのですが、おゆうの同業者の源七親分の子供・健太もかどわかしにあいます。
幸い、健太は数日して帰ってくるのですが、その数日前、健太の足にあるほくろを見て、なにやらニタニタしている男の存在が浮かび上がってきて、という筋立てですね。

この後、後妻のお佳の姉、お兼が深川の空き家の中で殺されているのが発見されるのですが、「おゆう」は空き家の床に指紋採取のパウダーをまくと、幼い子供の足跡が複数見つかります。おそらく、お兼が幼児の拐かしの首謀者であることには間違いないのですが、果たして犯人は・・という展開ですね。

ここで、「おゆう」は、子供の行方不明事件の中で、菊川町の猪牙舟の船頭をしている半吉という男の子供が一人行方がわからなくなっているにもかかわらず、こ両親とも届けを出さず、養子に出したと言い張っている案件がこの幼児連続誘拐事件と関わりがありそうな気がして、捜査をすすめるのですが・・という流れです。

種明かしは、信濃屋の関係者一同が集まっての、道久の孫の「鑑定」をきっかけに明らかになってきますので、詳しくは原署のほうでどうぞ。

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ステイホームは江戸で (宝島社文庫) | 山本巧次 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで山本巧次の大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう ステイホームは江戸で (宝島社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

レビュアーの一言

今回、江戸で新型コロナの自粛期間中、江戸に「引き籠もった」おゆうなのですが、江戸では誘拐事件の聞き込みであちこちにでかけ、当然マスクなしで過ごしています。途中、おゆうの上司である鵜飼伝三郎が、高熱を出して、味覚もなくなるという新型コロナウィルスによく似た「風邪」の症状で寝込んでしまうのですが、なんとか回復しているエピソードが出てきます。

幕末期のこれら大流行から4年後の1862年頃に、発熱や咳など風邪によく似た症状を示す「麻しん(はしか)」が江戸で大流行し多くの死者を出しているらしいのですが何か関係があるのでしょうか・・。そして、日本人が欧米に比べて新型コロナウィルスの感染者数と死亡者数が少ない原因と噂された「ファクターX」との関連性は・・っていうのが本巻で最後に提示される「謎」となってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました