プロ野球選手の奥さんの軽〜いタッチの謎解き — 柴田よしき「あおぞら町 春子さんの冒険と推理」(原書房)

主人公は元看護士で、今はプロ野球選手の専業主婦の「春子さん」。青空市のマンション住まい(ベランダは広い様子)。夫の陽平くんは幼なじみで東京ホワイトシャークスというプロ野球チームの捕手。もっぱら二軍暮らしで、自由契約の瀬戸際あたり、というところが本書の設定。

舞台は、埼玉県の「あおぞら市(青空市)」というところ。三作目で「多宮市のほうが物件も豊富で・・」(これは大宮市のもじりだよね)。「一軍のホーム球場が都心のど真ん中なんで」といったフレーズがあるので、ヤクルト戸田球場のある「戸田市」あたりが原型かなと詮索するが、そこが謎解きと関係しているわけでもないので、ここらはどうでもよいことではある。

収録は

「春子さんと、捨てられた白い花の冒険」

「陽平くんと、無表情なファンの冒険」

「有季さんと、消える魔球の冒険」

の三作。

「春子さんと、捨てられた白い花の冒険」は、土のついたままのパンジーをいれたダンボールを捨てようとする近所の男性を見つけるところから始まる。で、そのパンジーを土ごともらってしまうのだが、その後、ふたたび土つきの百合のダンボールを引き取ることになったのだが、その中に手紙が・・・、といった筋立て。ダンボールを引き取った理由は謎解きのあとに出てくるのだが、なんとも風情があるのだかないのだかわからない「虫愛る姫君」さながらの趣味。まあ、この趣味が高じて、人助けできたのだから良いとするか。

「陽平くんと、無表情なファンの冒険」はチームの二軍の試合に、毎回同じところに座るのだが、全く野球に興味のなさそうな女性の謎。二軍の試合のチケットは普通予約はなく、同じ席に座るには結構苦労がいる。さて、その隠された理由は、ということで、地方都市来からぬ、大がかりな事件が秘められたいる様子。

「有季さんと、消える魔球の冒険」は、偶然知り合った、元プロ野球の大物選手の隠し子にまつわる話。隠し子の娘さんは知的障害があるのだが、彼女が、春子になついてくる理由の影には、彼女の母親が、その大物選手に隠し通した優しい秘密が・・、といったお話。

収録数は少ないが、謎解きもどろっとしたところのない、いずれもウエハースのような、さくさくとした後味の良い話ばかり。プロ野球選手の妻が主人公、ということでなにやらスキャンダルめいたものが、と変な期待もあったのだが、どちらかというと、地方都市の日常に潜む「謎解き」といった味わいの短編集でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です