内藤了「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」=犯罪者を心理的操作で天誅を加える者の正体を見破れ

八王子西署の刑事組織犯罪対策課に勤務する、長野県出身で、八幡磯五郎製の七味唐辛子を常用する女性警官・藤堂比奈子が、ベテラン刑事の「ガンさん」こと厚田巌夫、東大法医学部の教授で「死神」と異名をとる石上妙子、鑑識課のオタク鑑識官・三木健、同僚のKY警察官・東海林とともに、都内でおきる奇妙で凄惨な死亡事件の謎に挑んでいく「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズの第一弾が本書『内藤了「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」(角川ホラー文庫)』です。

あらすじと注目ポイント

構成は

プロローグ
第一章 凄惨な変死体
第二章 独房内の殺人者
第三章 パブロフの犬
第四章 モンスター
エピローグ

となっていて、まず事件のほうは、ストーカー+強制わいせつ容疑のある男・宮原が自宅で死んでいるのが発見されます。下半身が血まみれで肛門に何かを押入れられていて、しかも自分で自分を絞殺したような状況なのですが、現場に残されていたスマホに、彼が自分自身で自分を殺す行動をしたような録画が残されていています。

まるで、自らが容疑者となった暴行殺人事件のそっくりな犯行で、この事件を担当することになった八王子西署の「厚田」班のメンバー・藤堂比奈子は、彼が犯した暴行事件の被害者たちの聞き込みを始めるのですが、犯行後数年経過してから、反抗直後の写真を被害者に送りつけて自殺させてしまうなど、宮原の悪辣な行動に怒りを覚える比奈子で、という筋立てです。

そして、こうした奇妙な事件はこれだけに終わりません。東京拘置所で、スーパーで強盗殺人を犯した上に、郷里の母親、叔母を惨殺し、金品を奪って逮捕され死刑判決を受けている受刑者が、自らの頭を独房の壁に打ち付け、前頭部を陥没させて死んでいるのが発見されます。監視カメラの映像を確認すると、怯えながら自分の頭を自分で壁に打ち付けて死亡する、という死に方で。彼が殺した人たちの死に方をトレースするような死に方です。

さらに追い打ちをかけるように、比奈子の同僚の交通課勤務の鈴木仁美が、比奈子に第一の事件の自殺しているところの動画がネットにアップされているkとを告げた後、上半身をメッタ刺しされて殺害されてしまいます。

この度重なる殺人の捜査で、比奈子はあるい心療内科の病院で、、東大工学部で電子科学を専攻し、その後方向を変えて、臨床心理学を専攻した「中島保」というドラエモンの野比のび太によく似た医師に出会い、いろいろなアドバイスを受けることとなります。

彼は勤務する心療内科医院の院長と協力して、犯罪者の心理的なアプローチで更生をする実験に取り組んでいるのですが・・という展開です。

犯罪者の更生を行うために禁断の方法に手を出してしまった感のある病院長に動きが注目されるところなのですが、実は院長だけではなく、中島保医師がそれに関係していそうな雰囲気が漂ってきて、彼に想いを寄せる比奈子の身にも危険が及んできて・・という展開です。

ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫) | 内藤 了 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで内藤 了のON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

レビュアーの一言

今巻は表面的にはオカルトっぽい仕立てになっていて、ホラー風味満載なのですが、医学トリックに基づく謎解きになっているという仕立てになっています。さらに特徴ありすぎの脇役たちも用意されたホラー系ミステリーをお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました