ケッペーはホームレス連続殺人に挑むー「DOUBT 東京駅うらおもて交番」

信州の山間の村から東京へ上京し、警視庁に就職した「東京駅」大好きの、新米女性警察官・堀北恵平(通称「ケッペー」)が、東京駅近くの丸の内西署で研修中に遭遇する怪奇事件の謎を、50年以上前の「うら交番」の警察官のアドバイスを受けながら解いていく「東京駅おもてうら交番」シリーズの第5弾が『内藤了「DOUBT 東京駅うらおもて交番・堀北恵平」(角川ホラー文庫)』です

丸の内西署の地域課での実地研修を修了し恵平なのですが、一人前の警察官のなるための後期研修である初任補修科課程を受講するため、再び警察学校に入校中です。現場の捜査や東京駅の地下街の住人たちと逢えない生活を淋しがりつつも、都内でおきるホームレスの行方不明事件の謎に挑むのが本巻です。

あらすじと注目ポイント

構成は

第一章 昭和三十五年人質立てこもり事件
第二章 大都会で神隠し
第三章 清掃工場殺人事件
第四章 被害者たちが遺したもの
第五章 東京駅

となっていて、冒頭のところでは警察学校に入校して東京駅から離れてしまっても、気になっているのは、時折、東京駅の地下から迷い込んでしまう、60年前の柏村巡査のいる「東京駅うら交番」で、この交番を訪れた警察官は1年以内に死亡するという噂もあることから、今巻では、柏村巡査の息子を探し出してきてあれこれ聞くのですが、なかなか手がかりとなりそうなものにはたどり着けない状態は続きます。

本筋の事件のほうは、老舗の和菓子屋の女将ながら、亡くなった夫に再会するために東京駅の地下でホームレスをしている「メリーさん」から、最近、「神隠し」にあってホームレスの知り合いが次々にいなくなっている、という相談をうけます。新型コロナウィルスの感染が広がっている最中なので、以前より駅の人通り全体が少なくなっているのは間違いないのですが、居場所に持ち物を遺したまま突然いなくなってしまう、と彼女は訴えるのですが、証拠となるものもなく、ケッペーも現場を離れて、警察学校にいるので、勝手に捜査もできない、というところです。

そんな中で事件はゆっくりと動き始めます。まず、以前、一緒に「うら交番」に行って、それ以来、うら交番の情報を交換している平野刑事から、東京のゴミ集積場の集積プールからバラバラになった死体が発見されたということを聞きます。

最初見つかったのは、一体の頭部だったのですが、だんだんと複数名の部位が発見されはじめます。どうやら、ゴミ収集車に積まれて集積場まだ運ばれ、そこでゴミを焼却炉まで運ぶクレーンのバケットで切断されたのでは、と推測されています。

見つかった死体の身元とかは不明のままなのですが、ケッペーは、日本橋のガード下を根城にして、フリーの旋盤工をしている徳兵衛さんから、彼の知り合いの男性が荷物を置いたまま、行方がわからなくなっているということを聞きつけます。メリーさんの話と総合して、ひょっとするとその男性が、清掃工場の犠牲者の一人では、という疑いを持ちます。幸い、置き去りにされた荷物が遺っているので、そこら採取した毛髪や汗のDNAと照合すると、やはり・・・、という展開です。

そして、事件のほうは、ケッペーに行方不明になっているホームレスをことを教えてくれた「徳兵衛」さんの行方がわからなくなるという展開に。普段は通行人の邪魔にならないようきちんとまとめてある彼の荷物が散乱していたことから、今回の清掃工場殺人事件の犯人によって連れ去られたのでは、という疑いが強くなります。彼のところへは、彼が板金の仕事を世話しながら長続きしなかった若者が、羽振りがよくなったと自慢気に訪れていたのですが、彼が犯人の一味なのか・・といった感じで動いていきます。

今回も前巻で出現した、犯罪をコーディネートする「ターンボックス」という闇サイトが出現して、この事件の黒幕的な役割を果たしているのですが、その詳細は原書のほうでお確かめください。

DOUBT 東京駅おもてうら交番・堀北恵平 (角川ホラー文庫) | 内藤 了 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで内藤 了のDOUBT 東京駅おもてうら交番・堀北恵平 (角川ホラー文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

レビュアーの一言

今巻の事件では、ケッペーが研修中で捜査権限がないにもかかわらず首をつっこんだり、そのため、警察学校の門限違反をしたり、といくつかの規律違反をやってしまって、警察学校の上層部からお叱りを受ける(あくまで「お叱り」で、懲戒的なことではないのですが)ことになり、ケッペーが警察学校を追い出されるのでは、と心配した東京駅の地下道関係者から「減刑嘆願書」が届きます。ケッペーの第1巻から第4巻までの人間性が評価された結果なのですが、これが次巻以降の「うら交番」の秘密にたどり着いた時にも活きてくるような気がします。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました